企業がロゴデザインを設定する意味とは?

HOME » ロゴデザインを作るために » 企業がロゴデザインを設定する意味とは?

企業がロゴデザインを設定する意味とは?

企業でよく使われているロゴデザインには、どのような意味があるのでしょうか?
ロゴマークは、大体どの企業にも家紋のように設けられています。
そのわけには、商品のブランド化とイメージ戦略があるようです。

そもそも、ロゴデザインにはどのような効果があるのでしょうか?
ロゴデザインは、企業が提供するサービスのコンセプトを具現化したものだといわれています。
企業が自社ブランドのイメージを世間に定着させるには、何かしらのシンボルが必要です。
なぜなら、無印のまま商品を売り出しても、人の記憶には残らないからです。

例えばあなたが財布を新調しようと考えて、デパートに足を運んだとします。
そこに売られていた2種類の財布のうち、一つはノーブランドの財布で、もう一つは有名ブランドのロゴが刻印されているものです。
双方の値段が同じだとして、買うとしたらあなたはどちらを手に取るでしょうか?
同じ値段であれば、有名ブランドのロゴが刻印されたものを、購入するのではないでしょうか?
なぜそのような行動を人間がとってしまうのかというと、企業イメージに信頼を寄せているからです。
「あそこのブランドなら品質が保証されている」と無意識に感じて、ブランドものを選んでしまうということです。

このようにロゴデザインには、商品に企業の信用度を身にまとわせる効果があります。
ロゴデザインを見て、「この商品はあそこのブランドだ」と認識してもらうことで、安心して商品を買ってもらえるということです。
そのため、ロゴデザインがあるのとないのとでは、売上に大きな差が生じてしまいます。
見た目ではシンプルなただの「マーク」ですが、ロゴデザインは企業のイメージ戦略になくてはならない、アイテムのひとつだということが言えるでしょう。

そんなロゴデザインですが、制作は簡単そうに見えて実際はかなり難しいものです。
まずやるべきことは徹底的なリサーチであり、ここをないがしろにしているロゴデザインには魅力がありません。
リサーチするのはロゴデザインを設定する企業の情報だけではなく、競合他社のイメージ調査や市場の流行を調べて、徹底的に分析を行います。
それらを行った上で、自社イメージにぴったりのロゴデザインをスケッチしていくことが、ロゴデザイン制作の最初の一歩です。

それからは修正と再考を繰り返す作業になっていき、完成品に次第に近づけていく流れになります。
ロゴデザインは複雑な絵を描くよりもむしろ難しいものです。
リサーチした情報を削って研ぎ澄まされたものが、ロゴデザインに凝縮されていなければいけません。
そのため、これまでロゴデザインを制作した経験がない人が、いきなりやるのはあまりお勧めしません。
もし自社のロゴデザインを考えようとしている人は、専門の業者に依頼した方がいいでしょう。