印象に残るロゴデザインの作り方

HOME » ロゴデザインを作るために » 印象に残るロゴデザインの作り方

印象に残るロゴデザインの作り方

ロゴデザインは、企業イメージを世間に定着させるための必須アイテムです。
そのため、さりげなく印象に残るロゴデザインの作り方が分かれば、効果的なロゴデザインを制作することができるでしょう。
そもそもロゴデザインができるまでには、どのような流れがあるのでしょうか?
今回は、ロゴデザイン制作の基本について紹介したいと思います。

ロゴデザインは企業のブランドイメージを確立するために、必要不可欠な宣伝アイテムです。
色々なブランド物の商品を見れば分かるように、有名店は必ず独自のブランドロゴを持っています。
ブランド物が世間に認知されるのは、そのブランドロゴが世間に認知されているからだと言っても過言ではないでしょう。
そそれだそれだけ、企業のイメージ戦略に活用されているブランドロゴですが、どのような流れで制作されていくのでしょう?
ロゴ自体の絵のボリュームは、一般的な絵と比べてかなり少ないため一件簡単に書けそうですが、実際は、小説家が本のタイトルを決める時ぐらい慎重にやらなければならない難しい部分となっています。

まずロゴデザインを制作する時には、いきなりスケッチをするのではなく、ロゴデザインを用いる会社の情報をリサーチすることから始められます。
能力のあるデザイン会社は、デザインを描くよりも、リサーチに力を入れているところが多いです。
せっかく綺麗に書いたロゴでも、企業イメージに合わないロゴであれば世間に認知されることはありません。
ですから、このリサーチによってスケッチするロゴと、企業が打ち出している事業戦略や商品のコンセプトを、徹底的に調べあげます。

ロゴデザインを設定する企業の情報を調べたら、今度は競合他社の情報もリサーチしていかなければなりません。
これもかなり重要なパートで、他社の市場イメージと差別化を図る上で絶対にやらなければならない下調べです。
ロゴデザインを業者に依頼するときは、このようなリサーチを徹底して行ってくれる所を選んだ方がいいものが仕上がります。
デザイナーだけではなく、リサーチ人員が在籍している制作会社に依頼をすれば間違いないでしょう。

テンプレに当てはめたロゴを格安で提供しているところもありますが、いわば会社の「顔」を作ることと同じなので、ここでは予算を節約しない方がいいです。
リサーチが終わればあとはスケッチとパソコンでのデザイン、そして修正という流れでロゴデザインの制作が進んでいきます。
この流れが、ロゴデザイン制作の基本的な工程ということになります。
誰でもができる仕事ではありませんので、ロゴデザインを制作する場合はプロに依頼した方がいいでしょう。